FC2ブログ

記事一覧

8月19日以降のポイント

お疲れ様です。今日は仕事でした。
盆休み中は、材料に翻弄され乱高下した相場だったように思います。
来週も同様な相場が続くのか?
アメリカ カナダ 逆イールドが発生したようで、景気後退のにおいが。
中国 ドイツも経済低迷。ドイツも財政均衡ルールを撤廃する用意があると。
トランプ動きが経済をおかしくしてるように思える。彼が一番の為替操作人です!

リスク回避で円が買われてますが、日本も増税で・・・・
ドルも対通貨によって強さがまちまちだし・・・・・

平均はすべての事象を織り込む。チャートに聞くしかないんだよね。

では、いつも通り

ドル円
8月17日 ドル円(D)8月17日 ドル円 (H4)8月17日 ドル円 (H1)
今週は週足は除いてますが、先週の陰線と同様の大きさで陽線。上下にひげがあり、どちらの方向も
ありで迷い中といったところ。
日足も三角持ち合いの形に。よって三角の抜けたほうに。
個人的には107.067円のラインを越えてくるまでは戻り売りスタンスと考えています。
下抜けの場合、106円を下抜けて、105.65円を割るか、支えられるかで。
最終防御ラインは105円。
105円割れの際は要注意。

ユーロドル
8月17日 ユーロドル(D)8月17日 ユーロドル(H4)8月17日 ユーロドル(H1)
やはりユーロ売られましたね。
週足では大きな陰線。まだ下はありそうな感じです。
ドイツのてこ入れ期待で少し戻りましたが、力なく売られてクローズ。

1.11655割れで下だと予想はしてました。ここまで売られるとは想定してませんでした。

1.12029を明確に上抜けするまでは、戻り売り戦略が妥当だと。

ポンドドル
8月17日 ポンドドル (D)8月17日 ポンドドル (H4)8月17日 ポンドドル (H1)
週足はドル円と同じく陰線・陽線の並び。
1.19762の最終下落ラインまで届かずに、買い戻された形。
トランプ大統領の離脱後の経済協力?の思惑と合意なき離脱の阻止がアナウンスされたので、買戻しが入った模様。
まず1.21821を上抜けしてくるかどうか?推進して1.23811まで戻ってくるなら買い方の注文も入りだすが、当面戻り売り戦略が妥当だと。

ポンド円
8月17日 ポンド円 (D)8月17日 ポンド円 (H4)8月17日 ポンド円 (H1)
週足はドル円、ポンドドル同様陰線・陽線ならび。
個人的には135円からの下落でここまで売り込まれるとは想定してませんでした。
ジョン損が首相になった時点で売なんですが、少し上がったので・・・・
まさかFEの値の通りになろうとは。恐るべしフィボナッチ・エクスパンション!

一応第一の戻りのポイント129.211円付近まで買い戻された。
ここを明確に上抜けして、130.414円まで買戻しが入ってくると少しは安心できる範囲になりますが
10月末までには何が起こるかわかりません。

基本戻り売り目線でいいとは思いますが、要人発言に用心。
127.50円で支えられるかもポイント。

ユーロ円
8月17日 ユーロ円 (D)8月17日 ユーロ円 (H4)8月17日 ユーロ円 (H1)
ユーロドルの下げにもろに引っ張られた形。
週足で2週にわたり長い上髭を出しての陰線。かなり売り圧力が強いのがわかる。

4時間足で20MAが水平気味になってきているので、117.54円の底値が固い気がするがまだまだ安心はできない。

基本は戻り売り目線。

118.50円を目途に上値が重いようなら売り。


来週も皆さんにとって良いトレードができますように♪





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント